三和シャッター マドモア 手動窓シャッターを電動化する方法

窓シャッター

三和シャッターから販売されている手動窓シャッター マドモアについて、紹介していきます。
この記事では、以下のような事が分かります。

  • 種類
  • 特徴
  • 後付け電動化KITの取付可否

台風被害や防犯対策のために、窓にシャッターの導入を検討されている方がいらっしゃると思います。三和シャッターさんのマドモア 耐風ガードは、重さ2kgの木材が44kmで衝突しても、スラットが窓ガラスを保護する設計になっており、万全に対策が出来ます。

また、窃盗はガラスを破って侵入される場合が4割強で、発生場所の4割が住宅で起きているといったデータがあります。

メリットの多い窓シャッターを電動化して、積極的に窓シャッターを活用してはいかがでしょうか?

引用元:セキュアル防犯ナビ| https://secual-inc.com/navi/2021/10/26/2021102620/
引用元:HOME ALSOK研究所| https://www.alsok.co.jp/person/recommend/071/

三和シャッターの「手動窓シャッター」について

三和シャッターの窓用シャッターは「マドモア」というシリーズで展開しています。
以下の商品が手動窓シャッターとして販売されています。

  • マドモア 耐風ガード
  • マドモア スクリーン
  • マドモア プラス
  • リフォーム対応窓シャッター

 

当記事では、「マドモア 耐熱ガード」「マドモア スクリーン」について、以下に取り上げます。

また、上記2商品は後付で以下の商品を用いて電動化が可能です。
https://sysdes.jp/product/mado-shutter-kit/

マドモア 耐風ガード

マドモア 耐風ガードの以下の手動シャッターが、電動化の対象商品です。

  • マドモア耐風ガード スクリーンGⅡタイプ
  • マドモア耐風ガード スクリーンSタイプ

マドモア 耐風ガードは、業界初の耐風圧性能最大2400Pa[負圧]の強度を確保し、防火性能も有しているモデルになります。 2400Pa[負圧]は、風速88m/s時の風下側に発生する風圧に相当します。

また、強風による飛来物から窓をしっかりと守る事ができ、重さ2kgの木材が時速44kgで衝突してもサッシのガラスを守る事も可能です。防火性能に関しては、防火設備の設置が義務付けられた開口部にも対応します。

窓の幅は715~3115mmの範囲内で販売されております。

カタログ情報ですが、価格帯は、「マドモア耐風ガード スクリーンGⅡタイプ」が80,500円~187,900円の値段で、 「マドモア耐風ガード スクリーンSタイプ」が85,200円~202,800円の値段で販売されています。

※こちらの記事では、一部の製品特長を紹介しております。詳しくは文化シャッターの

公式ホームページをご確認下さい。

マドモア スクリーン

マドモア スクリーンの以下の手動シャッターが、電動化の対象商品です。

  • マドモア スクリーンGⅡ
  • マドモア スクリーンS

リフォームにもオススメしているシャッターで、カラーバリエーションは9つと豊富に取り揃えております。窓シャッターに求められる基本機能をしっかりと搭載したモデルになります。

カラーバリエーションが豊富にあり、窓の幅は715~3115mmの範囲内で販売されております。

カラーバリエーションは、「ブロンズ」「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」「ダークブロンズ」「Yブラウン」「ステンカラー」「ピュアホワイト」「シルバー」の9つです。

カタログ情報ですが、価格帯は、「マドモア スクリーンGⅡ」が63,900円~164,500円の値段で、 「マドモア スクリーンS」が71,400円~206,500円の値段で販売されています。

※こちらの記事では、一部の製品特長を紹介しております。詳しくは文化シャッターの
公式ホームページをご確認下さい。

三和シャッターの窓シャッターを電動化する方法

三和シャッターの窓用シャッターを電動にするには、「マドモアチェンジ」という純正品があります。電動化する方法は大きく3つありますので、それぞれの特長や価格帯について、説明します。

ソムフィーのソムフィーキットを取り扱っている業者に依頼する

後付けで窓シャッターを電動化する商品としてソムフィーが有名です。ソムフィーの取付業者の価格は約15万円以上になります。

構造はシンプルで、巻き取りシャフトを交換するだけで電動化できる商品になります。仕上がりも既存の部品を使い回しするので、見た目はそのままに、安く綺麗に仕上がります。

純正品のマドモアチェンジを使う

マドモアチェンジは、三和シャッターの純正品です。

マドモアチェンジでは、113,000~124,000円の価格帯で電動化が可能であり比較的お安く提供されております。

システムデザインの窓シャッター電動化KITを使う

窓シャッター電動化KITは、DIYでの取り付けも可能にした電動化キットです。業界最安値の66,000円(税込)~の価格にて電動化が可能です。
また、スマートフォンを用いた操作も可能ですので、コスパは最も高いといえます。

構造はソムフィーと同様で巻き取りシャフトを交換するだけで電動化が可能です。巻き取りシャフトの組み立ては非常に簡単で、プラスドライバー1本のみの工具で可能です。

巻き取りシャフトは、長さを1320~3730mmの間で調整できるため、任意の長さで取り付けができます。室内にコンセントがあれば、配線簡単オプションを用いて、壁に穴を開けずに取付ができます。仕上がりも既存の部品を使い回しするので、シャッター本体の見た目はそのままで、綺麗に仕上がります。

窓シャッター電動化KITの取り付け手順の4ステップ

※シャフトの長さは、シャッター本体の幅に合わせて調整してください。

取り付け方法は、以下動画にあります。

電動化を可能にするKIT「窓シャッター電動化キット」

窓シャッターをスマホで操作する様子

株式会社システムデザインが開発した「窓シャッター電動化KIT」を用いれば、
手動のシャッターに対して、後付けで電動化が可能です。
「窓シャッター電動化KIT」には以下のメリットがあります。

  • DIYの取り付けで、超格安で電動化が可能!(スマホで操作も可能)
  • 壁への穴あけ工事の必要なし

DIYの取り付けで、超格安で電動化が可能!(スマホで操作も可能)

システムデザインが開発した「窓シャッター電動化」では、以下の価格で電動化できます。
また、Wi-Fi環境が不要で、スマートフォンを用いた操作も可能です。

<DIYで取り付けになる場合>
66,000円(税込)~

<取付工賃込み>
121,000円(税込)~

取付代理店は以下の業者がご利用いただけます。

・シャッター職人
https://www.smartgarage-toritsuke.com/

※施工可能エリアは、東京・神奈川(一部埼玉)です。(2022年3月現在)

シャッター職人のバナー

壁への穴あけ工事の必要なし

壁に穴を開けることなく、配線が可能です。サッシ窓枠経由で、
モーター配線を室内側に取り込むことができます。

配線簡単オプションの取り付けイメージ

窓シャッター電動化KITの費用・価格

窓シャッター電動化KITには、全5種類あります。種類毎にシャフトの長さの範囲が異なります。

窓シャッター電動化KITの本体と、パターンごとのシャフト長さの一覧

1)窓シャッター電動化KIT パターン①
シャフト長さ(シャッター幅):1320~2110mm  価格:¥66,000(税込)

2)窓シャッター電動化KIT パターン②
シャフト長さ(シャッター幅):2111~2560mm  価格:¥70,400(税込)

3)窓シャッター電動化KIT パターン③
シャフト長さ(シャッター幅):2561~3030mm  価格:¥77,000(税込)

4)窓シャッター電動化KIT パターン④
シャフト長さ(シャッター幅):3031~3500mm  価格:¥82,500(税込)

5)窓シャッター電動化KIT パターン⑤
シャフト長さ(シャッター幅):3501~3730mm  価格:¥83,600(税込)

 

<オプション品>
●配線簡単オプション
サッシ窓枠経由でモーターの配線を屋内側に取り込むことができます。
この商品を使うことで、壁に穴を開けることなく配線が可能です。

配線簡単オプションの取り付けイメージの写真

 

★窓シャッター電動化KITの詳細を確認したい場合は、株式会社システムデザインのホームページをご確認ください。URLはこちら→https://sysdes.jp/product/mado-shutter-kit/

タイトルとURLをコピーしました