IoTで快適な生活をご提供します

株式会社システムデザイン

よくあるご質問(ご購入者様向け)

ご購入者さまからお寄せられた、よくあるご質問です。お問い合わせの前に、こちらもご覧ください。

スマートガレージ KIT

開閉途中でシャッターが止まってしまいます
スマートガレージアプリの初期設定で、電流制限値の設定用のポイントを上げてください。
操作方法は、スマートガレージアプリ操作説明書を参照してください。
QRコードが読み取れません。
スマートフォンの再起動または、OSのアップデートを再度実施してください。QRコードが汚れていないかもご確認ください。
スマートフォンと操作基板の接続ができません。
スマートフォンの再起動または、OSのアップデートを再度実施してください。
スマートガレージKIT取り付け後、UP-DOWNのスイッチでシャッターの開閉が逆になってしまいます。
基板に繋げているモーター配線の+-を逆に繋げて頂く。
スマートガレージアプリのシャッター開閉状態と、実際の開閉状態が一致しません。
スマートガレージアプリで再度初期設定をしていただいたのち、調整画面でEDGE=20に設定してください。
操作方法は、スマートガレージアプリ操作説明書を参照してください。
初期設定の時、シャッターが停止していまいます。
シャッターが重たくなっている事が原因です。シャッターのスラットとスラットの間にシリコンスプレーを塗布して頂くか、引きずりがある場合は、オプションのスタビライザーを取り付けてシャッターを軽くして下さい。
下降時にシャッターが全部下りず、隙間があいた状態になってしまいます。
スマートガレージアプリのメンテナンス画面で、初期設定にてEDGE=20に設定してください。
操作方法は、スマートガレージアプリ操作説明書を参照してください。
シャッターシャフト内のモーターの配線通しが引っ掛かり、上手くいかない。良い方法はないですか?
スマートガレージKITに同梱されている針金の先端にインシュロック(結束バンド)をビニルテープで巻き付け、針金の先に柔軟性を持たせることで、モーターの配線を簡単に通すことができます。こちらのブログを参考にしてください。
スマートガレージKIT取り付け前に、シャッター動作部の掃除は必要ですか?
取り付け前に必ずシャッターの掃除、メンテナンスを行ってください。シャッターがスムーズに開閉する状態でないと、モーターに負担がかかり、製品の寿命を縮めてしまいます。
スマートガレージKIT取り付け後に、メンテナンスする必要はありますか?
1年に1回はシャッターの掃除、メンテナンス(シリコンスプレー等で開閉をスムーズにする)を行ってください。錆やほこりなどでシャッター開閉が重くなると、モーターに負担がかかり、製品の寿命を縮めてしまいます。
製品が壊れた場合の修理はどうしたら良いですか?
詳しくは、KITの保証規定のページをご覧ください。保証規定対象外に該当の場合、製品保証期間内に関わらず修理費を頂く場合があります。修理内容によりますが、修理費は、¥3,000~¥10,000の範囲で行わせて頂いております。

スマートガレージ ワイヤレスコンバーター

スマホからコンバーターに接続できない。(iPhoneの場合)
Bluetooth機能をONにして下さい。SmartGarageアプリにスマホ本体の機能を使用する為の権限設定が必要となります。全ての権限を「許可」に設定して下さい。上手くいかない場合は、再起動やOSのアップデートも試してください。
スマホからコンバーターに接続できない。(Androidの場合)
省電力モードを設定されている場合は、省電力モードを解除してからお試しください。(省電力モードの設定でBluetoothの制限がかかる場合があります) SmartGarageアプリにスマホ本体の機能を使用する為の権限設定が必要となります。全ての権限を「許可」に設定して下さい。上手くいかない場合は、再起動やOSのアップデートも試してください。
スマホからコンバーターに接続できない。(コンバーター側が原因の場合)
コンバーター付属のUSB電源の代わりに、お手持ちのスマホのUSB充電器等をご使用いただき、接続出来るかどうか確認をお願いします。何らかの原因で電源のケーブルが引っ張られて、USBコネクタ内部の端子が抜けていたり、破損している場合があります。
PAGE TOP