【シャッター電動化】窓シャッターを電動化してみませんか?

窓シャッター

・手動でシャッターの開閉がめんどくさい。

・シャッターのリモコンを追加したい。

・複数の電動シャッターを1つのスマホで操作したい。

台風被害や防犯対策のために、窓にシャッターを導入された方が多数いらっしゃると思います。窓シャッターには、暖気や冷気が逃げなかったり、太陽からの光を遮断できるメリットがあります。

そのようなメリットも、シャッターの開閉がおっくうになっていては宝の持ち腐れになってしまいます。

そこで、この記事をお読みになっている皆さんもこれを機に窓用シャッターの電動化を検討してはいかがでしょうか?

窓シャッター電動化KITの紹介

窓シャッター電動化KIT本体

「窓シャッター電動化KIT」は、手動シャッターに後から取り付けるだけで、シャッターを電動化してくれる製品です。以下、4点が本製品の特長になります。

・スマホで楽々操作

・かんたんDIY取付

・圧倒的な低価格

・ほぼ全てのシャッターに取付可

①スマホで楽々操作
スマホは、iPhoneとAndroidの両方でご使用になれます。
Bluetoothによる接続で操作する為、Wi-Fi環境は不要です。
※ペアリングの設定は不要です。

スマホで窓シャッターを開閉

 

②かんたんDIY取付
取付方法は、プラスドライバー1本とニッパーで取り付けが可能です。
また、配線簡単オプションを使えば、壁に穴を開けることなく設置できます。
取り付けるシャッターシャフトの長は、1320mm~3730mm範囲で調整して、長さを合わせてから取付。

窓シャッター電動化KITの取り付け手順の4ステップ

<配線簡単オプション>

窓シャッター電動化KITの配線簡単オプション

 

③圧倒的な低価格
窓シャッター電動化KITは、税込¥66,000より販売しております。

窓シャッタ電動化KITは高価な取付工事不要!格安の66,000円(税込)~販売

取り付けになるシャッターの幅により、価格が変わります。
詳しくは以下をご確認ください。
https://sysdes.jp/product/mado-shutter-kit/

 

④ほぼ全てのシャッターに取付可

基本的にすべてのメーカーに対応しております。
文化シャッター・三和シャッター・YKKAP・LIXILなど。
シャッター幅:1320~3730mmの範囲内で取り付けが可能。

窓用のシャッターのみならず、ベランダ用、ビルトインガレージ用シャッターにも取り付け可能

<保証について>

保証について、商品到着後1カ月以内であれば、部品は無償で交換されます。
部品は製造打ち切りから10年間共有。製品保証期間は、1年間としております。

窓シャッター電動化KITの費用・価格

窓シャッター電動化KITには、全5種類あります。種類毎にシャフトの長さの範囲が異なります。

窓シャッター電動化KITのパターン①(標準)とパターン③

1)窓シャッター電動化KIT パターン①
シャフト長さ(シャッター幅):1320~2110mm  価格:¥66,000(税込)

2)窓シャッター電動化KIT パターン②
シャフト長さ(シャッター幅):2111~2560mm  価格:¥70,400(税込)

3)窓シャッター電動化KIT パターン③
シャフト長さ(シャッター幅):2561~3030mm  価格:¥77,000(税込)

4)窓シャッター電動化KIT パターン④
シャフト長さ(シャッター幅):3031~3500mm  価格:¥82,500(税込)

5)窓シャッター電動化KIT パターン⑤
シャフト長さ(シャッター幅):3501~3730mm  価格:¥83,600(税込)

<オプション品>
●配線簡単オプション  価格:¥2,200(税込)
サッシ窓枠経由でモーターの配線を屋内側に取り込むことができます。
この商品を使うことで、壁に穴を開けることなく配線が可能です。

配線簡単オプション

取付工事 ※現在、首都圏のみ取り付け工事を承っております(近日中にエリア拡大予定!)。

取付工事をご希望の方は、システムデザイン正規取付代理店の「シャッター職人」様にお問い合わせ下さい。詳細はこちら→https://www.smartgarage-toritsuke.com/
※施工可能エリアは、東京・神奈川(一部埼玉)です。(2022年3月現在)

シャッター職人のバナー

ご自分で取り付ける方法

ご自分で取り付けになる場合は、足場には十分気を付けて作業をお願いいたします。
高所の作業では、必要に応じて墜落制止用器具等の墜落防止装置を使用してください。

ちゃんしよ様に作成いただいた動画に取付方法がありますので、ご確認ください。

また、取付け説明書が以下リンクにありますので、ご確認ください。
https://sysdes.jp/product/mado-shutter-kit/mado-shutter-kit-usersmanual5.pdf

※壁の中に配線を当されない場合は、別途ケーブルモールを購入いただくことをお勧めしております。

以下の写真は取付事例です。

窓シャッター電動化KITの取付事例

もっと詳しい紹介はこちら

窓シャッター電動化KITの詳細を確認したい場合は、株式会社システムデザインのホームページを
ご確認ください。URLはこちら→https://sysdes.jp/product/mado-shutter-kit/

●窓シャッター用後付け電動化キットの「窓シャッター電動化KIT 」
https://sysdes.jp/product/mado-shutter-kit/

窓シャッター電動化KIT

株式会社システムデザインでは、窓シャッターだけでなく、ガレージ用のシャッターをスマホで操作できるスマートガレージシリーズも取り扱っております。

●手動シャッター用後付け電動化キットの「スマートガレージKIT」https://sysdes.jp/product/smartgarage-kit/

スマートガレージKIT

●スマホがシャッターリモコンに変身する「スマートガレージワイヤレスコンバーター」https://sysdes.jp/product/smartgarage-wirelessconverter/

スマートガレージワイヤレスコンバーター

●電動シャッター用スマホリモコン化キット「スマートガレージAスイッチ」
https://sysdes.jp/product/smartgarage-aswitch/

スマートガレージAスイッチ

●アレクサを使用する場合、外出先など遠方からシャッターを操作する場合は、
「Zigbeeブリッジ」を併せてお買い求めください。販売価格 (税込) : \25,000

アレクサ連動のZigbeeブリッジ配置概要図

タイトルとURLをコピーしました