シャッターの構造が分かれば自分で修理可能!?各部名称と仕組みを解説

手動シャッター

「ガレージ手動シャッターの開け閉めが重くなってきた」そんな悩みを抱えている方は多いでしょう。

でも、定期的にメンテナンス業者を呼ぶと、ランニングコストがかさんでしまいます。コストを抑えたい方は、ぜひご自分でメンテナンスや修理をしてみましょう!

そのためには、手動シャッターの構造をきちんと理解しておくことが重要です。

そこで、一般的な手動シャッターの構造や各部位の役割について、詳しく解説してきます。

複雑そうに見えるシャッターも、仕組みが分かってしまえばDIY修理はそれほど大変ではありません。

ぜひ、定期メンテナンスや簡単な修理はご自分でチャレンジしてみましょう。

まずは知っておきたい!一般的な手動シャッターの部材名称

出典:http://www.towa-shutter.jp/yougo.html

それぞれの部材にはどんな役割があるの?

出典:https://aucfree.com/items/n334555615

手動シャッターの仕組みは意外とシンプルで、シャッター上部のボックスに収まっている大きなスプリングの力でシャッターを巻き上げます。

そのため、電力は不要で停電時にも開閉できるというメリットがあります。

また、軽量なのでお子さんなどの挟まり事故は起きません。では、手動シャッターにある主要部材の役割について解説します。

スラット

出典:http://gardenroom.jp/shutter/item/001293_97

スラットは、実際上下するパネル部分のことです。

細長い部材を一枚ずつ横からスライドして噛み合わせ、連結して大きなパネルを形成しています。

手動シャッターの場合は、中間に手掛けスラットと呼ばれる取手付きのスラットを入れます。

こちらを持ってシャッターを持ち上げて開けます。

オプションで明かり取り窓やポスト口の付いているスラットを組み込めば、お好みに合わせてカスタマイズできます。

出典:https://e-ij.com/blog/12699

スラットが傷ついたり歪んだりした場合には部分的な取り替えができますが、基本的には業者でないと修理できません。

内外錠

出典:https://www.eiwa-shutter.com/blog/archives/6909

スラット中間付近にシリンダー錠付きのスラットがあります。

外部から鍵を差し込んで回すと室内側でラッチが広がって、ガイドレール内でストッパーが効く仕組みになっています。

水切り(座板)

出典:http://blog.mushi-taiji.com/archives/52066468.html

スラットの最下部についている断面がT字のパーツです。

外部から侵入する水を塞き止める役目もあり、閉めている時には常に地面に接触しています。

そのため、摩耗が他のスラットよりも早いです。

出典:https://www.m-neko.com/handrail/shutter-repair/

出典:https://www.m-neko.com/handrail/shutter-repair/

年数が経ち水切りが錆びてしまった場合には、部分的な取り替えが可能ですが、スラットを全て外さなくてはならないため、DIYでの取り替えは困難です。

中柱

出典:https://www.pro-tech-shutter.com/%E6%96%BD%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%BE%8B/

手動シャッターはスプリングの力で巻き上がるため、あまり大きな間口のタイプは作れません。2台分ガレージなどの場合には、真ん中に柱を立ててスラットを二分割します。

この柱を中柱といいます。

地面に受け皿(つぼがね)を埋め込み、そこに差し込んで固定します。

出典:https://www.bunka-saitama.co.jp/onlineshop/000330002.html#

シャッターを開けた後に外し、シャッターを閉める前にまた設置します。

ガイドレール

出典:https://www.bunka-gwss.jp/case/garagess/senu/20120528027.html

スラットの左右に立っているレールのことです。ガイドレールにスラットの両端を差し込むことで固定しています。

出典:https://www.polus.co.jp/customercenter/support/support2_2.php

このガイドレールは目視できる場合と壁に埋め込まれている場合がありますが、どちらも不具合が生じてもガイドレールのみの取り替えはできない重要な部位です。

シャッターの開閉時に金属音がする場合は、ガイドレール内に消音パッキンやブラシを取り付けたり注油したりすることで改善できます。

出典:https://www.polus.co.jp/customercenter/support/support2_2.php

出典:https://www.bunka-proteck.jp/product/parts08/S005/

また、レール内のゴミを取り除くだけで、開閉がスムーズになることもあります。

シャッターケース

出典:http://gardenroom.jp/shutter/item/001293_97

シャッター上部にあるボックス上の部分です。室内外に露出している場合と、天井に埋め込まれている場合があります。

この中にある部材が手動シャッターを開閉する際に重要な役割を果たします。

スプリング(バネ)

出典:https://e-ij.com/blog/12238

手動シャッターは開ける時に下から少し押し上げるだけで、自動的に上がっていきます。これは、スピリングの力が働いているからです。

長年使っていると、スプリングが伸びてきてしまい、自動的に上がる力が弱くなってきてしまいます。

出典:https://shutter-center.co.jp/examples/

その場合は、スプリングの交換が必要です。

シャフト(巻き取りシャフト)

出典:https://e-ij.com/blog/13438

シャッターを巻き取る軸のことです。スプリングの中央に差し込まれています。

シャフト自体に不具合が起きることが少ないですが、スプリングが正常に働かなくなった場合にはセットで交換が必要になります。

ブラケット(サイドブラケット)

出典:https://blog-imgs-36-origin.fc2.com/y/s/t/ystkougyo/bur1.jpg

シャッターケースを正常に支えるための重要なパーツで、ケース両脇についているパネル部分を指します。

内側にシャフトを受けるための軸受けと呼ばれる金具が付いています。

出典:https://obata-shutter.co.jp/repair/repair-manual/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E8%A3%9C%E5%BC%B7/

吊元

出典:https://shutter-pro.info/archives/734

スラットとスプリングの接続部分で、後々メンテナンスができるように噛み合わさって接続されています。

経年劣化と共にこの噛み合わせが緩くなると、スラットが外れてしまいます。

プーリー

スプリングの両脇にある円盤状の部材です。

このパーツでスプリングを吊元に固定しています。

マグサ

出典:http://kindshutter.blog104.fc2.com/blog-entry-98.html

シャッターケースの下端に付いているフレーム状の部材です。

この間をスラットが通り、シャッターケースの形状を保つための骨組みとしての役割も持ちます。

DIY修理はまず仕組みを理解することが大事!

手動シャッターの構造は分かってしまえば決して複雑ではありません。

仕組みを理解することで、どこに不具合があるのか判断できるようになりますし、どうしても業者を呼ばなくてはいけない際も、会話がスムーズにできます。

日頃使っていて、キーキーとした金属音がする場合には、DIYでメンテナンスできるケースが多いです。また、ガイドレール内のゴミを取り除くだけで、開閉がスムーズになる場合もあります。

使っていて違和感を感じたら、業者を呼ぶ前にまずはご自分で修理してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました