シャッター付き物置は通販が安い?おすすめの理由と設置の注意点

物置

最近は、通販で買える物置がとても多く、店頭購入の利用者が少なくなってきました。

とりわけ、コロナ禍になってからは対面のリスクが高いため、安全に手続き完了できる通販の需要がとても高くなっています。

通販は確かに人件費がかかりにくい分、店頭より安く買えるメリットはありますが、「設置や法的な手続きなどは問題なくこなせるのか…?」「購入費以外の諸費用で店頭より高くならないだろうか…?」など、利用経験がない方にとっては、最初の一歩を踏み出すのにとても勇気が必要だと思います。

また、実際に物を見ずに買うことで、想像と実物が違った…なんてことも気になりますよね。
今回は、そんな購入前の色々な不安を解決できるお話を紹介していきます。

通販はとても進化!買うまでのハードルが低くなった

大手通販サイトのamazonや楽天などでも物置は購入できますが、実は物置に特化した通販サイトはかなり増えています。

背景として、元々物置の大手が通販も手掛けていたものを、地域のホームセンター業者などが参考にして通販サイトを制作したという事情があります。

結果的に、地域密着型の通販店舗(店頭営業も兼ねている店が多いです)も増えてきたので、地域限定制限などで欲しい物置があるのに場所が遠くて買えなくなる…というトラブルは少なくなりました。

また、通販サイトとしての実績が高い店舗の場合、メーカーごとの特徴や希望値段によるソート機能、個別担当によるメールや電話での見積もり対応、設置や法的手続きの代行まで、店頭購入と同じくらい質の高いサービスが展開されています。

そのおかげで、ネット通販で物置を買うのが初めての人でも、そこまで不安なく購入設置まで出来るようになりました。

あとは最初の一歩を踏み出す勇気があるかどうかにかかっていると思いますが、まずはネット検索して通販サイトを見るだけでも良いので、色々情報を集めてみてください。

その上で本当に欲しい商品が出てきたのなら、地元販売をしている通販サイトで購入検討すれば良いのではないでしょうか。

なお、シャッター付き物置に関しては、手動の物より若干値段が高くなりますので、通販サイトでの割引率も良い傾向があります。(本体値段だけでなく、設置が無料・ポイント付与など、トータルで安いかどうか判断してください)

ちなみに、設置や登録手続きまで依頼する場合は購入できる距離に制限がかかることが多いですが、ご自身や家族と協力で組み立てる前提の物置だと宅配便で送付してくれます。サイズも小型のものや、シンプルな造りの物置は大手通販サイトでも多数販売されていますね。

ハードルになるのは、支払方法辺りでしょうか。

ネット通販を利用したことが無い方は、購入の際に、まず無料会員登録をしないといけません。
そして、支払情報の登録も場合によっては行う必要がありますので(クレジットカードや送付先住所など)、ちゃんとしたサイトかどうか確認しておきましょう。

※サイトの評判はGoogle検索などで調べればすぐにわかります

では、次に通販ならではのおすすめ理由を紹介します。

複数店舗の情報を見て吟味できる!お得に買い物して満足しよう

店頭との一番の差は、複数店舗の情報を簡単に閲覧比較できることです。昔は、高い買い物をする時はどうしても店舗間の行き来が発生して面倒でしたが、今はスマートフォンからでも楽々情報が集められます。

値段だけ比較したいのであれば、大手価格比較サイトを活用すればすぐにわかりますね。

ただ、物置に関しては値段の差もそうなのですが、それ以外の部分の情報も判断基準になります。

それは、サービス面です。購入前の段階で情報を集めようと思っても、そもそも物置の種類や特徴がわかっておらず、スタッフに相談しながら購入したい方もいらっしゃいますよね。

優良通販サイトというのは、そういう部分がとても充実していてレスポンスも早いです。

担当スタッフによる問い合わせ相談対応や、物置購入の注意点やメリットデメリットを解説した情報ページ・動画が閲覧できたり、商品検索も詳細設定が可能で求める商品を探しやすかったり…そういった部分の評価が高いからこそ、人気サイトとして有名になるのです。

気に入った物置があれば、メーカーページで情報を集めるのもおすすめです。

有名メーカーはイナバ・ヨドコウ・タクボ辺りがありますが、これらのメーカーの商品案内ページは情報量が多く説明もわかりやすいため、自宅への設置イメージが捗りますね。

3社とも物置では独自ブランドを販売しているため、比較情報サイトも数多くあります。情報量が多いメーカーの商品を選ぶと、買う時も買った後も困ることが少ないのでおすすめです。(買った後は、何かしら商品トラブルの情報が役立ちます。自身と同じ経験をした人が誰かしら居てネットに情報共有しているので、解決しやすいのです)

そして、通販サイトによって、本体価格の差だけでなく、設置&検査手続き費用の割引・オプション品の追加無料・他商品の割引やポイント付与など、各サイトが独自の強みを生かして競っていますので、色々な面から総合的に安いかどうか判別するよう意識をすると、納得した上で購入できるので、とても満足度が高くなります。

また、事前に情報を集めて吟味することで、商品の特性もよくわかります。そのため、メンテナンス方法やその商品でよく起こるトラブルの解決法など、いざという時に困らないための知識が自然と身につきます。(シャッター付き物置のみの比較サイトもあるので、各社の特徴がわかって楽しいですよ)

物置のネット通販は費用も手間も省けて、タメになる情報も手に入る、総合的にとても満足度の高い買い方なのです。

ただ、そんな通販にも、知っておいた方が良い注意点があります。

物置の通販購入で押さえておきたい注意点

1.設置場所はプラス10cm隙間を開けて余裕を持つ

出典:https://www.e-monooki.com/guide/select/sechi_03.html

設置場所に隙間を持った商品を購入してください。ギリギリ設置できるからとジャストサイズを選ぶと、もしミスをした場合に取り返しがつきません。

また、シャッタータイプは大丈夫ですが、引き戸タイプは開閉時にスペースが必要な時もありますので、考慮しましょう。

2.設置してはいけない場所がある

設置する上で気を遣う部分は多いです。不安定な場所・風や日光の関係・排気ガスや積雪など、色々な場面を想定して一番リスクが少ない場所に設置する必要があります。

なお、これに関しては気を付けないと次のトラブルが発生します。

3.隣人トラブル

実は結構多発しており、設置後に問題化するため費用なども取り返しがつかなくなります。日照権の問題や、敷地ギリギリに設置したことによるクレーム、乗り物の出し入れに影響など、意外と気にしないといけない点は多いです。

良い商品を買えば買うほど、事後に問題が起こった時の撤去・移動費用などは馬鹿になりません。

このトラブルを防ぐコツは、あらかじめ隣人に物置購入の詳細を伝えておくことです。

事前に伝えることで相手の要望も聞けますし、設置された側が一番怒りやすいポイントは、「事前に何の連絡もなく設置された事に対する不平不満」ですから、トラブルが起こりにくくなります。

まとめ

いかがでしたか?

シャッター付き物置は店頭販売よりも通販の方が情報量は多く、安心して買いやすいです。

地元の会社が運営するサイトなら、店頭で現物確認もできることがありますし、まずは商品を買う前に情報集めだけでもスタートしましょう。それも立派な最初の一歩になります!

タイトルとURLをコピーしました