これは驚き!電動シャッターのリモコンを誰でも安く簡単にコピーできる方法

リモコン

ここ数年、リフォームをされる家庭が増えるにつれて、電動シャッターを設置する機会も多くなりました。また、長い間電動シャッターを使われている方も、一度は買換えを検討されたことがあるのではないでしょうか。

一方で、買換えの費用が思ったよりも高かったり、リモコンの管理や共有などが煩わしいなどで、思わぬトラブルに巻き込まれたりします。

今回は、そんなトラブルを手軽に安く解決できる方法をお伝えします。

電動シャッターのリモコンは便利!でも使い続けると…?

電動シャッターを使い続けていると、リモコンを紛失したり、受信機が壊れたりします。

そこでもう一度同じものを買おうと思いメーカーに問い合わせると、既に取扱い中止になっていたという経験、皆さんはありませんか?

そして問い合わせを進めていくと、更にシャッターごと新しく交換することを勧められ、出費がかさむことも…。

一般的に、新しい製品販売のために既存のシャッターの取扱いが中止になっても、リモコンだけは互換性があっても良いものですよね。

でも、実際に取扱い中止になった電動シャッターの種類はとても多く、新しいリモコンにも全く互換性がありません。

実は、それには理由があります。

そもそも電動シャッターのリモコンは、電波法という法律に基づいて制作基準が定められているのですが、法律改正により、それまで使用されていたものが販売できなくなりました。

電波は、テレビや携帯電話、アマチュア無線などさまざま場面で利用されています。「電波法」はこの電波の公平かつ能率的な利用を確保するための法律で、無線局の開設や秘密の保護などについての取り決めが規定されています。
引用:https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security_previous/kiso/k05_07.htm

そこで新しい電波法の基準を満たす電動シャッター&リモコンが次々と販売され始めたのです。

とはいえ、シャッターごと交換となるとかなりの費用になるため、さまざまなシャッターに対応する安価な市販リモコンが生まれました。

現在Amazonに販売されているようなリモコンの電波をコピーできるような商品がそれにあたります。

Amazonで販売されているリモコンをコピーできる商品

これらは一見良い製品に思えますが、実はここにも法律の落とし穴があるのです。

市販のリモコンに潜む罠!実はその製品違法かも

通販などで出回っている安価なリモコンですが、これらには中国製のものが多く、電波法違反のものが非常に多いです。

これらは、知らずに使用すると罰則が適用されて、最悪罰金や刑罰の対象になることもあります。
具体的な罰則は下記の通りです。

・1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金刑(電波法違反の場合)
・5年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金刑(重要無線通信妨害罪の場合)

引用:https://www.next-gears.net/how-to/wirelessdevice/1861/

重要無線通信妨害罪というのは、「違法無線機で他の公共の電波を阻害した場合」に適用されますが、例えば「無認可のリモコンの電波が強すぎて隣家などに迷惑をかけた」場合はこちらに該当します。

あながち起こりうるトラブルかもしれませんし、そう考えるとあまり使いたくありませんよね。

そんな悩みを解決する方法がありますので、次の項で詳しく説明します。

リモコン問題を解決する安くて簡単な方法とは

解決法を説明するのですが、せっかくですので異なる3パターンをご紹介します。

これらを比較することで、どれがコストや交換手間のかからないベストな手段かわかりやすいからです。

結果的に③が一番おすすめとなります。

シャッターの受信機ごと交換《コスト×・交換手間×》

これは一番コストがかかります。

最近は技術の進歩により、材質が良い割にコストが安くなってきましたが、それでも20万円~35万円ほどはかかります。(ちなみに、修理は15万円前後。どちらも高く感じますね…)

もともと手動シャッターを使われていたり、かなり年季の入った電動シャッターを使われている場合にリフォームとして新しく交換するのは良いかもしれませんが、メーカーの電動シャッターをリモコン操作し続ける限り「リモコンや受信機の紛失・故障」問題は解決しません。

メーカー品は信頼があるからこそ値段設定が高いですから、買換えにも結構お金が必要です。

また、電波法が更に改正される可能性もあるかもしれません。そうなると、今まで使えたリモコンが使えなくなる可能性も出てきます。(ただ、数年間の経過措置期間は設けられると思いますが。)

「もしも…」を考えると、高い費用を払うのはためらってしまいますよね。

もちろん、この手段はおすすめしません。

電動シャッターリモコンセット《コスト△・交換手間△》

次におすすめなのは、こちらの製品です。

コアテックシステム社が開発している「AiryStar」です。こちらは今ではかなりメジャーな製品で、一度くらい名前を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

メーカー品の高額交換費用や、海外製リモコンによるトラブルなどが起こる中で開発されたものですが、確かにコストはかなり抑えられています。(2個セットで税込15,180円~)

つまり、受信機とリモコンの規格を統一することでコストカットができて、今までのトラブルが防げるようになったのです。

ただ、結局のところ「リモコンの紛失」問題は解決されていません。シャッターの数だけリモコンが必要になります。また、配線工事が必要になることもあり、まったくの素人が手を出すのは少し難易度が高いのかもしれません。

そこで、最後にご紹介する手段がおすすめです。

「スマートガレージワイヤレスコンバーター」《コスト◎・交換手間◎》

こちらの製品になります。

スマートガレージワイヤレスコンバーターの公式サイト

特徴は、「スマートフォンのアプリを使って電動シャッターの開閉ができること」です。

付属する受信機(ワイヤレスコンバーター)の接続設定を行い、シャッターの近くに置くだけで準備は完了します。あとは、お使いのスマホに専用アプリを入れて登録すれば、リモコンの代わりにスマホで操作が可能です。

この製品の大きな利点は、とにかく便利なことです。

配線工事を行う必要も、シャッターの数だけリモコンを用意する必要もありません。また、家族への共有も簡単なので、例えば頻繁に訪れる親戚の方がいらっしゃるのであれば、その人のスマホにもアプリを設定してもらうことで外からのシャッター開閉も自由に行うことができます。

気になる価格ですが、2個セット(2ch)で18,700円です。

一見、「AiryStar」より高いように思うかもしれませんが、こちらは追加費用が発生しません。工事や配線の必要が無く、コンバーターの設定を説明書通りに行うだけで作業が完了するからです。

しかもスマホを使うため、リモコンの故障や紛失を気にする必要がありません。(当然、追加でリモコンを買う必要もありません)

なお、電波法に適合しているか・対応するシャッターはどれくらいあるか…など気になる点があるかと思いますが、スマホのBluetoothを使うので電波法はそもそも違反していませんし、対応製品については販売ページで適合確認ができますので、適合しているのを確認してから購入が可能です。

そう考えると、他のランニングコストが必要なくて、誰でも手軽に設定ができ、自由に共有できるスマートガレージワイヤレスコンバーターは魅力的だと思いませんか。

まとめ

いかがでしたか?

電動シャッターの買換えトラブルにお困りの方には

  • 費用が安くて、追加費用もかからない
  • 設置や設定が簡単で、家族への共有も楽々
  • 電波法の改正も気にならない

以上の点から、株式会社システムデザインの「スマートガレージワイヤレスコンバーター」がおすすめです。

スマートガレージワイヤレスコンバーターの公式サイト

※シャッター本体の受信機や純正リモコンが正常に動作しているのをコンバーターが自動認識して登録するため、これらの純正品が壊れていない状態である必要があります。

タイトルとURLをコピーしました